•  

日文

1952年に開設され、医療、教育、研究、予防の機能を集める三級甲等歯科専門病院である煙台市口腔病院は、山東省歯科臨床分野の重点専科であり、濱州医学院の付属口腔病院、山東大学口腔医学院と大連医科大学口腔医学院の教学病院であり、山東省衛生・健康新技術育成基地、住院医師規範化培訓基地であり、煙台市歯病予防治療指導センター煙台市口腔医療質量コントロールセンターの駐在先であり、煙台市口腔医学会会長駐在機構でもある。本部と、開発区、幸福、煙大など多数の支院からなっている当該病院は従業員482名、臨床専門診療科10個、許可口腔総合治療椅260、病床数50床をもち、年間診療量は延べ26人にのぼる実績を持つまた、人的から見れば、「泰山学者」1人、煙台市「双百計画人材」2人、大学院生号及び博士号をとった人材172があり、助教授以上の専門技術者は73名,大学院生指導者資格を有する人は4、博士指導者資格を有する非常勤は4がある

北京大学口腔医学院と戦略合作協議を締結することにより、北京大学口腔医学院から専門分野の中堅人材や予備人材を派遣され、指導いただき、当該病院の研究、教学と管理レベルが向上しつつある。人材の育成を特に重視する。そのため、国内外の著名な教授数十名を名誉教授として招聘し、オーストリア、アメリカ、日本、オーストラリア、香港などの国々や地区の有名な口腔医学学校と長期的、安定的な学術交流や技術協力関係を結び、毎年数名の優秀な人材を上記の国内外協力機構へ派遣し研修している。また、山東省最初の口腔デジタル化スタジオを建設し、真っ先にCAD/CAMオールセラミック修復、低侵襲やコンフォート治療コンピューター支援ナビゲーションインプラント、ALL-ON-FOUR即刻インプラント・修復技術咬合建て直し、3Dプリント子供全麻痺口腔治療、正顎外科複雑手術レーザー歯科治療及び美容治療舌側矯正及びインビザラインなどの新しい技術を導入することにより、国際先端技術とマッチングする。毎年「泰山学者国際フォーラム」を催し、国レベルの継続教育培訓クラスを数回も主催し、学術的模范引率作用や駆動作用を発揮し、地域口腔医療レベルを全面的に向上させる従業員の中に、17名が中華医学会専業委員会に勤め、48名がレベル以上の専業委員会に勤め、市レベル口腔専科病院の中にトップレベルにある。これによって、学科建設の強化、学術件の深化、人材育成の加速、理念更新の促進、山東省ないし中国の口腔医学の学科発展と国際交流の推進に対して、重要な役割を果たし、中国口腔分野における煙台の影響力を効果的に向上させた

長年のたゆまぬ努力によって、当該病院は政府や社会に広く認められた。山東省「文明単位」、山東省健康促進病院、山東省「愛国衛生先進単位」、山東省「模範職工之家」、山東省「医療界組合先進団体」、煙台市組合総会「職工代表大会先進単位」、煙台市慈善総会「先進慈善ボランティアワークステーション煙台市「人民満意衛生服務窓口」中国共産党煙台市委員会衛生工作委員会「先進基層党組織」などの称号を授与された。また、毎年サービス分野に行われた仕事ぶり評判活動において、96%以上の満足度を保ち、二年連続で「インターネット上満足度最高の公立病院」と評判された。